休み休みすこしずつ

時々カードを引いてメッセージをアップしています。その日のメッセージはもちろん、過去のメッセージから選んでみても、メッセージ全部ではなく部分的に受け取ってもいいと思います。自由にお読みになってみてくださいね。ジャンクジャーナルやオルゴナイトなども作っています。

自己愛性パーソナリティ障害の人たち

占いやオラクルカードなどを勉強していると、人間を知る意味で心理学にも興味が

出てきて色々本を読んだり調べたりしている中で、去年ぐらいから自己愛性パーソ

ナリティ障害(以後、自己愛と略します)に興味を持ち、最近特に注目しています。

 

出会ってしまったら少しずつ離れていく以外被害を防ぐ方法がない、やっかいな人

たちらしいのですが、話が上手で最初はいい感じで近寄ってくるので、すぐには

危険性を感じとることができず、気づいた時には被害にあっていることが多く

付き合いをやめられたとしても大きな精神的なダメージを受けるらしいです。

 

自分は誰よりも優れていて、特別で、罪悪感のかけらもなく、自分のこと

しか考えられない、自分の非は絶対に認めず悪いのは全て他人、他人を利用する

ことしか考えていない人たちで、嘘をつくのも平気で、当然金銭のトラブルも

起こしやすい、などなど特徴は結構はっきりしているそうですが、話術があるので

発覚しにくいのが自己愛の人たちの被害を避けられない大きな原因です。

 

出会ってしまった人の苦しみは相当なもので、人間不信に陥ったり、もし自己愛と

一緒に何かの活動や仕事などをしてしまっていたら、損失や罪悪感、嫌悪感、虚無感

などいろいろな感情を味わい、どうしようもない精神状態になる人もいるそうです。

 

その状態に陥ったら誰に何を相談しようと慰められようと時間が心を回復させて

くれるのをただひたすら待つしかないそうで、それほどまでの影響を他人に与えられる

力があるのにそ何故そんな風にしかなれないのか、と思うと勿体ない気もします。

こういう人格を形成するのは育てられ方の影響が大きいらしいですが、そう聞くと

親になることの責任の大きさを感じます。

犯罪者やそれに準ずる人間を育ててしまう人にも何かしらの精神的な問題が隠れている

のかも知れないと思うと、恐怖を感じます。

 

私の説明ではサラッとなぞったぐらいなので、もし興味がある場合は調べてみると

今後の参考になると思います。