休み休みすこしずつ

時々カードを引いてメッセージをアップしています。その日のメッセージはもちろん、過去のメッセージから選んでみても、メッセージ全部ではなく部分的に受け取ってもいいと思います。自由にお読みになってみてくださいね。ジャンクジャーナルやオルゴナイトなども作っています。

苦労自慢にうんざり

 

苦労自慢って何なんでしょうか。

自分は今までこんなに苦労してきた、あなたよりもずっと苦労してきた。

だから私は強いけど、あなたは弱い。

そういうことを延々と言い続ける人がいます。

 

でも、それってそんなに重要なことでしょうか。

 

苦労自慢するかしないかの違いだけで、みんな大なり小なり苦労して、嫌な思いを

して生きてきているのに、自分以外の人の苦労は大した苦労ではなくて、自分の

苦労こそすごいのだ、あなたは甘いと延々と語る。

私はこんなに苦労した経験があるからこんなに強くて頑張れるんだと自分以外の

人を下に見る。苦労がないから気が利かないんだと言い切る。

 

他人がそれまでどんな生活をしてきて、どんな経験をしてきたかなんて

聞いてみなければわからないし、聞いてもその人の気持ちは理解できないかも

知れないのに。

 

自分の苦労こそが尊いと言いたいのだろうけれど、苦労することってそんなに

えらいこと?

そういうことを他人に平気で言うから人間関係や仕事で苦労するんじゃないの?

と言いたいけれど、言ってもわからないだろうと思います。

 

逆に、そうだねそうだねと言わせておいてスルーします。

苦労自慢で張り合ったって何も残らないし、めんどくさいだけ。

そもそも、苦労して生きてきて不幸せなことってそんなに自慢ですか?

 

苦労してきて人間が練れて周りから尊敬されるような人になっているなら

すごいなーと話を聞く気にもなりますが、人をいやな気持にさせる人間に

なるような苦労の話なんて聞きたくありません。

 

結局、苦労してきた自分が世界一可哀想で、少しでも自分より幸せそうに

見える人が羨ましくて、でも自分の方が上だと思いたいから、苦労自慢して

憂さを晴らすという歪んだやり方になっているんだと思います。

 

最初は仲良くしていても、そういうことを続けていると人の心は離れて行き

ますよね。誰かに認められたい、すごいと言われたい、周りを自分の思い通りに

動かしたい、そういうところがはっきり見えてくると疲れます。